Licus(ライカス)は 舞台をメインとした照明デザインオフィスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台照明のデザインを主としております。

芝居、バレエ、ダンス、ライブ、お祭り、講演会、またはライトアップ等

様々なステージに、照明を通して協力していければと思っております。

 必要に応じて3Dイメージを作成しながら作業を進めてまいります。

最新ニュース


2016年7月

vizi BEAM 5Rを導入いたしました。

ビームが強烈なムービングです。

ここぞという時にインパクトを持たせるのに大変効果的です。

保有数は10台となります。

フロストを入れると、500Wナローのパーライト同等の明るさとなるので、意外と使いやすいですよ!


2017年4月29.30日 

超特急演劇集団パインコーン「Wish upon a Shooting Star」の照明を担当いたします。

ご期待ください!


2017年5月

大阪を代表する施設にあるスタジオ のベースプログラミングを担当いたします。

オープン当初にも担当いたしましたが、今回、機材入れ替えに伴いベースプログラムも変更するため再度参加。より見やすい明かりを想定して、リプログラミングいたします。


2017年6月11日 たんば田園交響ホール

Dancing Aat Collection vol.4

ムービングを担当いたします。

先生自身も普段照明を勉強されている為、ダンス同様照明への関心も半端ないため、どんなことになるかとても楽しみです!


2017年8月5日 サヤカホール

スタジオバレエインターナショナル 発表会 の照明を担当いたします。

毎年恒例となってきました。

今年はどんなことになるでしょうか?


2017年11月3日 ピッコロシアター大ホール

新規のバレエ教室の公演を担当いたします。


2018年1月

関西芸術座60周年記念公演「十二夜」 を担当いたします。


2018年2月10.11日

篠山市民ミュージカル「ピノッキオ」を 担当いたします。

2年に1度の恒例イベントになってきました。

 


2018年3月18日 世界館

新規のダンス教室発表会を担当いたします。

どんなことになっていくのか楽しみです!


2018年5月20日 某 大ホール

新規のバレエ教室の発表会を担当いたします。

演目は「白鳥の湖 全幕」・・個人的にも思い入れの強い作品ですので楽しみです。


LEDフルカラーカッタースポットを1台テスト導入しました。

今後、有効性を確認でき次第台数を増やしていく予定です。